フィンペシア,プロペシア,フィナステリド

フィンペシアの安全な即日通販はこちら

有益原料フィナステリド

フィンペシア,プロペシア,フィナステリド

 

プロペシアのOK元フィナステリドってなぜ効くの?

 

プロペシアのOK元は、【フィナステリド】という名前の元だ。

 

アメリカのテキサス州からメキシコにノコギリヤシという植物の薬効元の検証で開発されました、化学組立て元になります。

 

フィナステリドは、5αフィードバック酵素Ⅱタイプ阻害薬に分類する薬のOK元となっており、AGA加療や前立腺肥大の加療に使われている。

 

AGAの原因というのは、パパホルモン【テストステロン】が変化する結果生成される、【DHT】(ジヒドロテストステロン)にて起こります。

 

因みにジヒドロテストステロンはパパ胎児の男根を生産に大事な働きがあるのです。

 

思春期以降は体毛割増し、にきびなどの改善の原因となるものです。

 

DHTの細工に関しては、【5αリダクターゼ】というのが関与している。

 

テストステロンという5αリダクターゼが関わって、DHTができあがるようになっています。

 

なのでフィナステリドの効果としては、テストステロンと5αリダクターゼのミックスを防止する機能があって、結果的にDHTの細工を押さえる面に繋がります。

 

これがAGAを予防するからくりなのです。

 

機能

フィンペシア,プロペシア,フィナステリド

 

聴きなれない語彙が並びましたが、ぼんやり説明するといったこんな感じなのですが、細かくその機能をご説明します。

 

テストステロンは断じて睾丸で生産します。そうして5αリダクターゼは頭髪の毛髪乳頭という皮脂腺の中に生存している。

 

こういう間、皮脂腺におけるものが【1タイプ】と呼ばれるもので、毛髪乳頭におけるのが【2タイプ】と呼ばれるもので2バリエーションあります。

 

脱毛に繋がるDHTの細工に関与しているのは2タイプの5αリダクターゼなのです。

 

睾丸で生まれたテストステロンが、血を通って毛の毛髪乳頭までたどり着くといった、そこで2タイプ5αリダクターゼって結合する事で、2タイプのDHTとなって、毛髪包の矮小化、そして毛髪頻度の節減化を引き起こしてしまうのです。

 

これが、直接の抜毛の原因となるのです。

 

AGAのからくり

睾丸→[テストステロン]→脳裏の毛髪乳頭→[2タイプ5αリダクターゼ]とミックス→《脱毛》

 

フィナステリドの効果

睾丸→[テストステロン]→脳裏の毛髪乳頭→×【フィナステリドがミックスを阻害】[2タイプ5αリダクターゼ]】《AGA熟練》

 

毛髪乳頭は毛髪マミー細胞の中心にあって、毛細血管から来る栄養素を、毛髪マミー細胞に手渡す組織で、、毛髪マミー細胞に複数のシンボルを送って、細胞回避をさせて頭髪を成長させる雑貨となっております。

 

やがてわかるように、髪の進展に一番影響力のある毛髪乳頭に、DHTが存在しているのが非常に危険な状況だという事がわかります。

 

フェナステリドはこういう危険な状況から頭髪を続ける結果、テストステロンと2タイプ5αリダクターゼとのミックスを阻害するために、2タイプDHTの細工を牛耳るする事で脱毛を阻止して、ヘアサイクルを正常にして受け取る働きがあるのです。

 

プロペシア・フィンペシアのメインへ